基本情報

  • 【サイト名】エノクプロジェクト オンライン
  • 【サイトURL】https://enochproject.com
  • 【サイトの説明】エノクプロジェクトの活動を紹介するサイトです。
  • 【ミッション】人々が神様の愛を知り、もっと生きやすくなること
  • 【管理人】渡邉克晃(エノクプロジェクト代表)

エノクプロジェクトとは

エノクプロジェクトは、クリスチャン美術作家とその活動を応援している人たちのゆるい集まりです。東京と広島を拠点に活動しています。

2009年に東京のキリスト教会で知り合った数人のメンバーから始まり、これまで聖書の一節をテーマにした自由参加型の作品展を6回に渡って開催してきました。

私たちの作品テーマを一言で言い表すのはなかなか難しいのですが、その精神は「エノクプロジェクト」という名前に込められています。

「エノクプロジェクト」の由来~死ななかったエノク~

エノクとは、旧約聖書の創世記5章に登場する人物の名前です。

アダムから数えて7代目に当たるエノク。

彼の生涯は、「神とともに歩み、神が取られたのでいなくなった」と記録されています。

そのほかのアダムの子孫はみな「死んだ」と記されているのに、エノクだけは、なぜか死んだことになっていません。

 

それはエノクが神とともに歩んだからだと、聖書は言います。

 

移ろい易い世の風潮の中で、永遠に生き続ける「死なないもの」とは何か。

聖書の中で見つけたその答えを、作品制作を通して多くの人に伝えたい。

そんな思いでエノクプロジェクトは始まりました。

過去の作品展テーマ

  • 第1回『神の恩恵』(創世記 1章29節)2009年10月24日〜25日
  • 第2回『喜び、祈り、感謝!』テサロニケの信徒への手紙一 5章16-18節)2010年1月30日〜31日
  • 第3回『自由』ヨハネによる福音書 8章32節)2012年6月30日〜7月1日
  • 第4回『歩みを照らす灯』詩編 119編105節)2012年11月25日
  • 第5回『岩の上に建てた家』(マタイによる福音書 7章24-25節)2013年12月15日
  • 第6回『I am who I am〜わたしの出会ったイエス様〜』2015年1月26日〜30日、1月31日〜2月1日