「野とそこにあるすべてのものよ、喜び勇め 森の木々よ、共に喜び歌え」詩編96編12節

『喜べ、主イエスを迎えて』(詩編96編11〜13節)

「天よ、喜び祝え、地よ、喜び踊れ/海とそこに満ちるものよ、とどろけ/野とそこにあるすべてのものよ、喜び勇め/森の木々よ、共に喜び歌え/主を迎えて。」

詩編の作者は世界に向かって「喜べ」と叫びました。主イエスを迎えて、喜べと。

 

そしてこう続けます。

「主は世界を正しく裁き/真実をもって諸国の民を裁かれる。」

 

正しいことを「正しい」としてくれる真実な裁き手がこの世界にいるんだと、作者はそのことに感激して叫んだのです。


 

この作品は、ヨハン早稲田キリスト教会創立25周年感謝礼拝の装飾として制作し、教会外壁に展示していただきました。

企画してくださった装飾チームの皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。