主が御顔をあなたに向けて、あなたに平安を賜るように(民数記6章26節)
©︎Katsuaki Watanabe

 

旧約聖書の時代、神様はモーセを通じてイスラエルの人々を祝福し、このように言いました。

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主が御顔を向けてあなたを照らし

あなたに恵みを与えられるように。

主が御顔をあなたに向けて

あなたに平安を賜るように。

(民数記6章24〜26節)

「神様があなたに平安を与えるように」という祝福の祈りです。

 

ぼくの生活は、決して「平安」ではありません。

楽しいこともあれば悔しいこともあり、喜びもあれば苦しみもあり……。

というか、苦しみは多く、悩むことばかりです。

 

聖書の神様を信じて歩むようになり14年以上経ちますが、年を追うごとに苦しくなるばかりに見えます。

「平安」な日々を夢見ていますが、待つ時間が長いと心がくじけ、諦めそうになります。

自分を責め、ますます努力するようになり、忙しさと孤独の間を行ったり来たりします。

 

「平安」を求めてもう一度モーセの祝福の言葉を読んでみたら、あることに気付きました。

それは、「平安」の前に「守り」と「恵み」があるということ。

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主が御顔を向けてあなたを照らし

あなたに恵みを与えられるように。

主が御顔をあなたに向けて

あなたに平安を賜るように。

ということは、神様に守られ、恵みが十分に与えられて、その上で平安になるのではないか、と思うわけです。

逆に言えば、ぼくに平安がないのは、守りと恵みがないから。

安全が脅かされ、日々の糧が満たされていなければ、それは確かに平安ではないですよね。

 

でも、もう少し考えると、別の意味にも思えてきます。

つまり、神様に守られていて、恵みを十分にもらっているにもかかわらず、そのことに気づいていないから平安でない、と。

 

神様の守りと恵みに気づくことが、平安の秘訣かもしれない。

「足るを知る」ということ?

でもぼくは、今の状況では満足できないのです。

この状況をなんとかしたい。

 

この状況を変えて、目に見える「守り」と「恵み」で満たされたいと願うのです。

どうしてそれが叶わないのか。

 

「守り」と「恵み」をくださる神様を信じなさい、と言われるかもしれない。

「信じる」って、どこまでも曖昧な言葉だ。

結局、悩みは尽きない。

 

ぼくは、「受けるよりは与える方が幸いである」という使徒パウロの言葉が好きです(使徒言行録20章35節)。

幸せになるには、与えるしかない。

それが基本的な考え方です。

だから、「平安でないのは与えていないからだ」と考えてしまう。

 

今日、こんな文章を書こうと思ったのは、聖書の言葉を誰かに与えたいと思ったからです。

たくさんの聖書の言葉を受けてきたのに、受けるばかりで与えて来ませんでした。

こうやって誰かに伝えることで、もしかしたらぼくが平安になるかもしれない。

そんな期待をしつつ、写真に自分の言葉を添えました。